倦怠



 大学時代に興した会社が大成功し、わたしは今や押しも押されぬ大会社の社長だ。
 
 ある日、ある政治家と会食して会社に戻る途中何者かに拉致されてしまった。
 身代金目的の誘拐だった。
 身代金交渉が長引く間、わたしは誘拐犯たちに言いようのない辱めを受けることに。
 誘拐犯たちの目的は本当に身代金なのだろうか?
 
 やがて明確になっていくその目的。
 わたしはわたしとして生きられなくなっていく。
 
 
 
フレーム72


ホームへ戻る


第1章 拉致されて陵辱されて
第2章 空腹に負けて
第3章 ペナルティーを課せられて
第4章 売春させられて
第5章 脱出して
第6章 性転換されて
第7章 女の戸籍を与えられて
第8章 結婚させられて
第9章 働き尽くめに飽きて
第10章 すべてがシナリオ通りに
第11章 自分自身の凌辱場面を見ながら
第12章 乗り換えて
第13章 ヌード撮影会
第14章 すべてが計算尽くめ
第15章 すべて小林の意のままに
第16章 退屈なわたしを満足させて

 
inserted by FC2 system