代役



 借金返済の期日が迫っていた。
 賭け麻雀の借金だから、返さなくても良さそうだけど、相手は相当やばい連中だ。
 小指がなくなるくらいならいいが、下手をすれば東京湾の魚のえさだ。
 
 そんなとき、借金を棒引きにしてくれるという仕事が舞い込んできた。
 そいつは同棲していた女を殺してしまったのだ。
 死体が見つかるまで、女が生きていることにしたい。つまり、俺に女装してその女の振りをして欲しいと言うことだった。
 殺されてしまうことを考えれば、女装くらい簡単なことだと引き受けたのだが・・・・。 
 
 
フレーム68


ホームへ戻る


第1章  借金返済の代わりに
第2章 お遊びで
第3章 犯された
第4章 続くアリバイ作り
第5章 再び男に
第6章 急変した事態
第7章 結婚準備
第8章 大改造
第9章 新たな出会い
第10章 最高の隠れ蓑
第11章 訪ねてきた男
第12章 語られた真実
第13章 瓢箪から駒
第14章 他人のそら似
第15章 小野田からの手紙

 
inserted by FC2 system