妻の顔

 田倉壮一は、月から木まで父の残した会社で働き、残りの三日間は奥軽井沢の別荘で妻絵理子と過ごしていた。
 別荘の中にある研究室で、壮一は研究に励む。妻のために。
 その研究が、思わぬ悲劇を呼ぶ。


フレーム40


ホームへ戻る


第1章 別荘のふたり
第2章 専務・壮一
第3章 予備テスト
第4章 復元された妻の顔
第5章 思わぬ方向へ
第6章 闇の中で
第7章 光を求めて
第8章 回復を待って
第9章 殺人犯にされていた
第10章 絵理子が死んでしまって
第11章 屈辱の監禁生活
第12章 調教されて
第13章 絵理子として
inserted by FC2 system